なかの動物病院
▼ 診療内容 [ 受診のしかた ]
診療内容
受診のしかた
受診のしかた
診察時間内に直接ご来院ください。
通常の診察は、原則として予約はお受けできません。
(ただし、手術や往診は要予約)
持参するものなど、分からない点がある場合は前もってお電話でお問い合わせください。

<最低限お聞きすること>
・症状や発見時の状態
・いつから?
・食欲や元気
・便や尿の状態
・食事の内容
・変わったことがなかったか
また、来院時に症状や生活環境などを詳しくお聞きいたしますので、できるかぎり、普段一番お世話をされている方がご来院ください。
お仕事などで難しい場合は、来院される方が詳しい状況を説明できるようご用意いただくと、スムースに診察ができます。


ワンちゃんの場合は、リードを外れないようにつないで短く持つか、身体の大きさに合った犬用キャリーに入れてご来院ください。
リード<<リードでつなぐ
キャリー<<キャリーに入れる


ネコちゃんは、猫用のキャリーバッグか、洗濯用のネットなどに入れてください。
洗濯ネット<<洗濯ネットが便利です。


ウサギやハムスター・小鳥など小動物の場合は、可能であればいつも生活しているケージのまま、 難しい場合は専用のキャリーに入れ、ご来院ください。
虫かご<<水槽などでも。


おとなしい子でも、病院内では緊張して普段と違う行動を示すことがあります。
ドアが開いた時に飛び出してしまったり(病院前は大きな道路です)、 他の動物たちとトラブルになる可能性もありますので、 待合室ではけしてリードを放したり、キャリーから出さないでください。
待合室でリードを放さないでください<<放さないでください
来院されたら
初診の場合は、受付に受付簿と問診票がございますので、ご記入ください。
↓問診票↓受付簿

再診の場合は、受付簿にご記入になり、診察券を診察券入れにお出しください。
カルテがご用意でき次第、看護士が受診内容などお聞きいたします。


通常はご来院の順に診察いたします。
(診察内容や担当医によって、多少順番が前後することがあります)
お急ぎの場合などは、受付時にお申し出いただければ可能な範囲で対応いたしますが、 ご希望に添えないこともございますので、できれば時間に余裕を持ってお越しください。



また、ぐったりしている、呼吸をしていないなど緊急・救急の場合は、優先的に診察いたしますのでお申し出ください。
ご来院前にあらかじめお電話をいただければ、受け入れ態勢を整え、スムースな治療を始めることができます。
また、お電話で来院までの応急処置についてアドバイスを行うこともできます。


どうしてもご来院が難しい場合は、往診を行うこともできます。
往診ご希望の方は、希望日の午前中までにお電話でご連絡ください。