なかの動物病院
お預かり(ペットホテル)
おあずかり(ペットホテル)
お預かり(ペットホテル)とは
旅行などで家を空ける時など、どうしてもお世話ができない場合は、ペットホテルとしてお預かりすることができます。
予約制になりますので、あらかじめお電話でご予約ください。
連休中などは満室になる可能性もありますので、早めのご予約をお願いします。
▲TOP
お預かりできる動物
イヌ、ネコ、ウサギ、小鳥、ハムスター、フェレットなどです。
お預かりできる動物
それ以外の動物でお預かりを希望される方は、お電話でお問い合わせください。

病院内でのお預かりなので、病気の動物たちもやってきます。
ワクチン したがって、イヌ・ネコ・フェレットの場合は、1年以内に混合ワクチンを接種している子に限りお預かりできます。
(感染症の子は隔離室に入院するため、同室になることはありませんが、念のため)
ワクチンを接種していない子については、お預かり時にワクチンを打つこともできますが、 お預かりの2〜3週間前までにワクチン接種を済ませていただくことが理想です。
他院でワクチンを接種している場合は1年以内の混合ワクチン証明書をお持ちください。
当院でワクチンを接種している場合は、こちらに記録がありますので特に必要な書類はありません。
▲TOP
お預かり中の環境
イヌ・ネコについては、原則として入院室のケージでのお預かりとなります。

ウサギ・ハムスター・フェレット・小鳥などの小動物は、いつも生活しているケージをお持ちいただきます。
小型犬は、朝夕2回ケージから出して排便・排尿・運動をさせます。
中型犬以上は、朝夕2回の散歩で排便・排尿をさせます。

それ以外の動物は、ケージの中にトイレを設置します。
ネコは原則としてケージの中だけですが、逃亡のおそれのない子で、飼主さんから特にご希望がある場合は、一日1〜2回広い場所(室内)に出して遊ばせることもできます。
▲TOP
食餌について
食餌は、特に指定がない場合は、一日2食です。

イヌ・ネコの場合、こちらでご用意するフードは、ヒルズ・ロイヤルカナン・ユカヌバ等のドライフードです。
いつも療法食を食べている子や、決まったフードしか食べない子は、ご自宅からお預かりの日数分をご持参ください。
その他おやつや食餌回数など、指定がある場合はあらかじめお伝えください。

イヌ・ネコ以外の動物では、必ずご自宅からいつも食べているフードをご持参ください。
▲TOP
お預かり可能な時間・期間
お預かりやお迎えは、下記の開院時間中にご来院ください。
  平日  午前9時〜午後7時
  土曜  午前9時〜午後6時
  日祝日 午前9時〜午後6時

それを超える場合は前後の日に延長していただきますようお願いします。
お預かりできる期間は特に上限を設けてはおりませんが、2週間を超える場合は早めにご相談ください。

▲TOP